ヘッダーコピー

記帳代行とは、具体的にどういうサービスですか?

記帳代行とは、会社の取引記録を会計帳簿へ記載することを代行するサービスのことです。全ての取引記録を会計ソフトへ入力し試算表を作成するサービスです。会計ソフトへの入力を当事務所が代行することがサービスの中心となりますが、領収書の整理など関連する作業をすべて代行いたします。

経理代行は、記帳代行と何が違うのですか?

記帳代行サービスでは、日々の取引を会計ソフトに入力し、試算表作成までの処理を代行することがサービスの内容となります。経理業務の一部に過ぎません。
一方、経理代行サービスとは、記帳代行にとどまらず御社で実施している経理業務全般を代行するサービスです。
具体的には、振込み・支払い代行、給与計算、請求書発行、売掛・買掛金管理など多岐にわたります。
また、社会保険・労務に関する書類作成も代行しております。
契約書の作成、就業規則など諸規程の作成、経理書類のフォーマットの作成なども請け負います。

給与計算も、依頼できますか?

はい、給与計算も喜んでお請けいたします。
当事務所は、記帳代行にとどまらず、給与計算も代行しております。

自計化とは、どういう意味ですか?

自計化とは、企業が自社で経理業務を行うことを言い、近年、パソコンと会計ソフトの低価格化で、中小企業が自計化をすることが増えたと言われています。

自計化には、どのような長所・短所がありますか?

【自計化のデメリット】
・自計化を行なうと社内の仕事量がかなり増える
・入力作業を自社で行なうのに顧問料が下がらない
・経理処理を行なうための専門的な知識を身につける必要がある
・新たな人材投資、設備投資(机、パソコン、会計ソフトなど)が強いられる
【自計化のメリット】
・経営状況がより早く把握できる
・毎日経理処理を行なうことによって、記憶漏れ(忘れてしまうこと)が少なくなる

記帳代行を依頼する場合、現在依頼している税理士との顧問契約はどうなりますか?

当事務所は、月次試算表の作成まではお請けいたします。年次決算と申告書の作成は、現在依頼している税理士さんに引き続きご依頼ください。

どんな資料が必要ですか?

原則として、「領収証」 「預金通帳」 「クレジットカード明細」 「売上請求書」 「仕入れ請求書」「タイムカード」 をいただいております。

最初の相談時、自社まで来てもらうことは可能ですか?

もちろん、可能です。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

工場がある場合、料金は高くなりますか?

工場の原価計算が自動化されているような場合は、料金は変わりません。お気軽にお問い合わせください。

会計業務と税務申告業務の違いはなんですか?

会計業務とは、日々発生する取引を記録し、そのルールに従って財務諸表を作成する業務です。
税務業務とは、財務諸表を基礎に会計のルールとは異なる税法上の処理を実施し、所得税、法人税または地方税等の税務書類を作成する業務です。
税務業務は、税理士の独占業務です。

ページの先頭へ